目指せ美顔!スクラブ洗顔徹底ガイド

スクラブ洗顔で毛穴の汚れをすっきり落とし、憧れの美肌を実現。

HOME » おさえておきたいスクラブ洗顔の基礎知識 » スクラブ洗顔は肌に悪い?

スクラブ洗顔は肌に悪い?

スクラブ洗顔料の使用時の注意点や正しい洗顔方法について解説します。

スクラブ洗顔の落とし穴

洗顔料に含まれる粒子が毛穴の奥の汚れまでしっかりと落としてくれるスクラブ洗顔は、毛穴の詰まりや黒ずみ、ニキビなどのケアはもちろん、肌のターンオーバーを促してくれる洗顔方法として多くの人に利用されています。

スクラブ洗顔をすると肌の調子がアップし、化粧ノリもよくなるため、頻繁に使いたくなるかもしれません。

しかし、いくら超微粒子のスクラブだといっても、強くこすれば肌に刺激を与えます。必要以上の力でこすった結果、「肌が乾燥しやすくなる」「取りすぎた水分や皮脂を補うため、皮脂の過剰分泌が起こって毛穴が詰まる」「正常なターンオーバーができなくなる」といった肌トラブルが生じてしまうケースは少なくありません。

スクラブ洗顔で美肌になるつもりが逆効果にならないように以下の点に注意してください。

正しいスクラブ洗顔方法

スクラブの効果を得るには、正しい洗顔方法が大切。まず洗顔回数ですが、週1~2回程度が適切です。

スクラブは他の洗顔料に比べると肌に負担がかかる危険もありますので、様子を見ながら回数を調整したほうがいいでしょう。「乾燥している」「肌の調子が悪い」と感じたときは、回数にかかわらず使用を中止。また、目の周りなどのデリケートな部分への使用は避けてください。

具体的な洗顔方法ですが、スクラブ洗顔は乾いた肌に直接つけないようにします。その理由は刺激が強くなりすぎて、肌トラブルを生じる可能性があるから。

まずぬるま湯で軽く洗い肌に湿気を与えて毛穴を開きます。そのあとはそのスクラブの使用法(泡立てる、温める、溶かすなど)に沿って、古い角質や老廃物がたまりやすいTゾーン、ざらつくUゾーンを中心に、汚れを落とそうと強くこすらず、優しくマッサージするように洗います。

洗い終わったら、洗顔料が肌に残さないよう念入りにすすぎます。スクラブ洗顔後は水分が不足するケースもありますから、化粧水などでしっかり保湿を行なってください。 なお、洗顔途中、もしスクラブが目に入った場合、粒子が目を傷つける危険がありますから絶対にこすってはいけません。落ち着いて洗い流してください。

スクラブ洗顔の効果を促すには

正しいスクラブ洗顔をしているのに、なかなか効果を得られない、さらには肌トラブルを起こすことがあります。「使用したスクラブ製品が肌に合わない」「体調が悪かった」と考える人も多いでしょうが、もっと意外なことが原因になっているケースが少なくありません。

それは「清潔なタオルやシーツを、枕カバーを使っていなかった」というものです。スクラブ洗顔後は、顔をタオルでこすらないよう拭き取ります。この時、汚れたタオルを使ったら、せっかくきれいに洗い上げた肌に雑菌が入ってしまうことがあるのです。シーツや枕カバーも同様です。よくない雑菌が入らないよう、身の回りを清潔に保っておくことも必要だといえます。