目指せ美顔!スクラブ洗顔徹底ガイド

スクラブ洗顔で毛穴の汚れをすっきり落とし、憧れの美肌を実現。

HOME » おさえておきたいスクラブ洗顔の基礎知識 » スクラブ洗顔料の選び方

スクラブ洗顔料の選び方

ここでは多くの洗顔料の中からおすすめのフェイススクラブの選び方を紹介しています。

スクラブ洗顔は種類豊富

スクラブ洗顔料を試したいと、コスメショップやドラッグストア、ネットショップをのぞくと種類豊富な製品が並んでいます。

スクラブ洗顔の走りともいえる塩スクラブをはじめ、シュガースクラブ、植物系スクラブ(アーモンド、アプリコットなど)、こんにゃくスクラブ、重曹スクラブなどを目にしていると、どれを選んでいいのか迷ってしまいます。

ひと口にフェイススクラブといっても、製品によって成分、使用方法、機能は違い、また香りやさわり心地、付け心地も変わります。さらにスクラブ粒子の大きさにも微妙な差がありますから、可能であればサンプルを取り寄せるなどして、実際に試してみるとよいでしょう。また美容カウンターで使い心地を体験してみるのもおすすめです。

「友人のおすすめ」では選択を誤ることも

スクラブ洗顔料のみならず、コスメを選ぶときには、体験談や口コミのおすすめ情報を参考にすることも多いと思います。

「口コミナンバーワン商品」といわれれば、使ってみたくなっても当然。情報元が親しい友人であれば、使い勝手や感触、効果などを詳しく知ることができるでしょう。しかし、それを鵜呑みにしてしまうのは早急ではないでしょうか。というのも、友人や知り合いに効能が現れたとしても、必ずしも自分に合うとは限らないからです。

その大きな理由は肌質の違いにあります。例えば友人が普通肌で、洗浄力の強い塩スクラブを使っていたとします。この製品を「すごくいいよ」とすすめられたあなたは乾燥気味のお肌。この場合、同じフェイススクラブを使っても同じ効果を得ることは難しいでしょう。なぜなら塩スクラブは、乾燥肌には刺激が強すぎることがあるからです。

友人には最高のスクラブ洗顔料が、逆効果になってしまうケースは少なくありませんから注意してください。

自分の肌質をしっかり把握する

スクラブ洗顔を選ぶときには、まず自分の肌質をきちんと把握しておくことが大切です。通常、肌質は「普通肌」「敏感肌」「乾燥肌」「コンビネーション肌」に大別されます。普通肌であれば、それほど問題はないでしょう。しかし、「敏感肌」「乾燥肌」の人が塩スクラブや植物粒子の入った強めのフェイススクラブを使うと、肌がこすられすぎる、洗浄しすぎてしまうことでトラブルを生じる可能性があります。

また「夏はべたつくけど、冬は乾燥する」など、季節によって肌質は微妙に変わります。そのため、通年同じものを使っていると違和感を感じることもありますので、その時はスクラブ洗顔料を見直すことも必要だといえます。

ほかには「黒ずみを解消したい」「くすみをとりたい」「毛穴を引き締めたい」など、お肌の悩みによってフェイススクラブ使い分けるのもおすすめです。