目指せ美顔!スクラブ洗顔徹底ガイド

スクラブ洗顔で毛穴の汚れをすっきり落とし、憧れの美肌を実現。

HOME » 【種類別】スクラブ洗顔料ナビ » こんにゃくスクラブ

こんにゃくスクラブ

こんにゃくスクラブの特徴

「こんにゃくスクラブ」は、最近注目されている「こんにゃく」由来のスクラブ製品です。

「ふにゃっとした感触のこんにゃくがスクラブになる?」なんて、なかなか想像できないかもしれません。使い方としては、粉末状のスクラブを水と混ぜて、手のひらで好みの柔らかさにふやかし、毛穴やザラつきが気になる部分をマッサージします。またジェル状や液状のタイプもあり、この場合もお肌に乗せてマッサージすると、古い角質や余分な皮脂、毛穴の黒ずみ(角栓)が落ち、つるつるとした肌にしてくれます。

こんにゃくスクラブはとても柔らかく、他のスクラブのように、「こする」ことによって生じる肌への刺激が少ないので、「塩スクラブやシュガースクラブでは不安」という敏感肌や敏感肌の方のみならず、アトピーに悩む人にもおすすめのスクラブだといえます。それでいて毛穴の汚れがきれいに取れるスクラブなので、普通肌でも愛用している人は少なくありません。

柔らかいのに角質が取れるのはどうして?

こんにゃくスクラブは、もともと食品であるこんにゃくが原料になっているため、低刺激であり、お肌への影響が少ない洗顔料といえます。

肌に当たる感触もこんにゃくのぷるぷるした弾力が気持ちよく、塩スクラブ、シュガースクラブのようにザラザラしていません。ただ、あまりに柔らかくて、「スクラブ」に期待される汚れが角質ケア、毛穴の黒ずみが本当に改善されているのか半信半疑だという声もあります。

これはこんにゃくスクラブと塩スクラブに代表される粒子を含んだスクラブとは、その性質が異なるからです。例えば塩スクラブは、塩が肌を擦ることで肌や毛穴の汚れを落としていくものです。

これに対するこんにゃくスクラブは、水分で膨らんだスクラブが皮脂や古い角質に吸着。こんにゃくは吸着力に優れているため、肌の角質や毛穴の奥の汚れをしっかり除去することが可能なのです。

ですから使用感はさっぱりしていても、汚れはきちんと落とされています。さらに余分な皮脂だけを取り除き、皮膚に必要な分は保たれているため、洗顔後の乾燥をおさえることもできます。

毛穴の黒ずみ、ニキビができやすい人には特におすすめ

こんにゃくスクラブを使用すると、のターンオーバーを促すことが可能です。肌のターンオーバーとは、簡単にいうと肌の新陳代謝のことで、日々生まれる表皮細胞は代謝活動をしながら上部へ押し上げられ角質となり、肌を守るバリアーとして働きます。

角質はやがて垢となって剥がれます。正常なお肌は、通常約28日周期でターンオーバーを繰り返していますが、これが衰えてくる(周期が長くなる)と古い角質が残り、毛穴が詰まってしまいます。黒ずみや毛穴が目立つようになり、肌はくすみ、化粧水や美容液の浸透も悪くなってしまうのです。

こんにゃくスクラブで肌の新陳代謝を活発にすれば、毛穴の黒ずみやくすみを予防することができます。また毛穴のつまりに効果があるため、ニキビに悩む人にもおすすめの洗顔料です。